私たち家族が一戸建ての家を手に入れたことについて

私の元々の家は、母の母(つまり、僕から見たら母方の祖母)と母の父(つまり僕から見たら母方の祖父)が、父と母が結婚する際に物件として持っていて、それを結婚の際に住む家として名義上はレンタルとしてではありますが、事実上は譲渡したという形で譲ってくれたのがその家でした。

しかし、狭かった事もありましたし僕が中学生になると言う事で、自分一人の部屋も欲しいとそろそろ言ってくるころだろうと言う事で、新しく家を建てて、一戸建てを買うと言う事を決断したそうです。

建てた家の両隣りに両親の事を知っている人がいました。土地代なども比較的安くて済むというメリットがあったので、家を建て僕と弟の部屋も付けてくれました。その部屋で寝起きができると言う事でうれしかったです。

ただ、唯一心残りがあるとすれば、依頼した建築会社がもっと評判の良いところでなかったのが悔やまれます。親族と言う事でその建設会社に依頼しまったがためにとんだ欠陥住宅になってしまいました。

皆さんも慎重に事は進めましょう。

 

<PR>生命保険の口コミ.COM|ショッピングカート|英語上達の秘訣|JALカード|童話|GetMoney|女性の人生|初値予想|オーディオ|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|アフィリエイト相互リンク|家計見直しクラブ|内職 アルバイト|お小遣いNET|