私たち家族が一戸建ての家を手に入れたことについて

PR|ロフト付平屋の住宅のことなら|

元々の福生市の注文住宅が、狭かった事もありましたし、僕が中学生になると言う事で、自分一人の部屋も欲しいとそろそろ言ってくるころだろうと言う事で、大分市に注文住宅で新築一戸建てを買うと言う事を決断したそうです。

私の元々の家は、母の母(つまり、僕から見たら母方の祖母)と母の父(つまり僕から見たら母方の祖父)が、父と母が結婚する際に羽村市で建てた注文住宅を物件として持っていて、それを結婚の際に住む家として名義上はレンタルとしてではありますが、事実上は譲渡したという形で譲ってくれたのが熊本市の新築一戸建て住宅でした。

建てた家の両隣りに両親の事を知っている人がいました。高崎市でテレビアンテナの設置をしていて、土地代なども比較的安くて済むというメリットがあったので、家を建て僕と弟の部屋も付けてくれました。その部屋で寝起きができると言う事でうれしかったです。

ただ、唯一心残りがあるとすれば、依頼した建築会社が評判の良いところでなかったのが悔やまれます。注文住宅の工務店の評判をもっと調べるべきでした。親族と言う事でその建設会社に依頼しまったがためにとんだ欠陥住宅になってしまいました。相模原市でサンルームを取り付けるつもりが宇都宮市でのリノベーションが先かも…まだまだ先になりそうです。

皆さんも慎重に事は進めましょう。

<PR>生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|注文住宅のための用語集|ゴミ屋敷解消Q&A|カウンセリングのお悩み解決サイト|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net|